りんごの匍匐前進

便利情報と前進の記録をドイツと東京から発信

「仕事は楽しいかね?」「『1日30分』を続けなさい!人生勝利の勉強法55 」「プレゼン上手の一生使える資料作成入門」など仕事関連本6冊のレビュー【Kindle Unlimited 12】

f:id:oishiiringo:20190109051154j:plain

 

Kindle Unlimitedでデイル・ドーデンの「仕事は楽しいかね?」の原作とマンガ両方と、仕事関係に使えそうな実用書の計6冊を読んでみたのでレビューします。要はいっぱい勉強=自己投資して、いっぱい試行錯誤してルーチンは効率化してアピールすべきはしっかりしなさいという学びでした。

 

今ならKindle Unlimitedは初回30日無料体験実施中です。

 

 

まんがで変わる!仕事は楽しいかね? (きこ書房) 「仕事は楽しいかね?」研究会 (編集)

Amazon.co.jp

 4

読みやすい&わかりやすかった

この「仕事は楽しいかね?」は兄弟や友人にだいぶ前から読むように強く勧められていた本です。原題はThe Max Stratedy。

もし宇宙が信じられないようなすばらしいアイデアをくれるとして、
きみはそれにふさわしいかね?

第1章 試してみることに失敗はない
第2章 明日は今日と違う自分になる
第3章 偶然は発明の父
第4章 「この場で」「ただちに」始める
第5章 問題と「仲良く」なる

「内容紹介」から

 前回読んだ「マンガでわかる!」や歴史まんがなどがためになったので気軽にこちらもダウンロードしてみました。

マンガなだけあってとても読みやすかったです。

 

主人公は、デザイナーの夢を挫折し、漫然とカフェでのバイトを続ける女性。ある日、彼女が働くカフェにお客さんとしてやって来た不思議な老人のマックスは、「仕事は楽しいかね?」と問いかけます。そこから彼女はマックスとの対話を通じて様々な気付きを得て、「今」「この場所で」できることを試し始めます

 

主人公の女性みたいに、夢をあきらめながら漫然と毎日をやり過ごしている人は多いはず。 マックスがいい味出してるキャラで、かつ心に刺さる名言の数々。今の仕事への意識が変わります。読んで良かったです。

 

デイル・ドーテン (著), 野津智子 (翻訳) 仕事は楽しいかね? (きこ書房) 

★★

 試行錯誤や挑戦をやめないこと。マンガよりも更に詳しく。

マンガを読んだら原作も読みたくなり、こちらもUnlimited対象だったので早速ダウンロードしました。本書には「聞く」タイプのオーディオブックもあり、AmazonのオーディオブックサービスのAudibleは初回30日無料体験実施中です。

 

本の内容は、まずマンガと比べて、よりアメリカンな描写や内容でした(笑)。マンガと同じなのは、悩める主人公が不思議な老人のマックスとの対話を通じて仕事への意識改革が起こる点です。本書は雪で足止めを喰らい、空港滞在を余儀なくされたアメリカ人のビジネスマンが主人公です。

 

特に夢もやる気も無く、毎日の仕事に忙殺される主人公にマックスが贈る言葉の一つ一つは非常に含蓄に富んでいて、心揺さぶられます。文章は読みやすく、分量的にも181ページと短編の部類です。

 

「君は、最初に陸に上がった魚は長期的な展望を持っていたと思うかね?」

 

「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る」

 

「明日は今日と違う自分になる、だよ」

 

「多くの人は他人を凌駕する人材になろうとしているけど、それを他人と同じような人間になることで達成しようとしている」

 

「きみたちの事業は、試してみた結果、失敗に終わったんじゃない。試すこと自体が欠落してたんだ」

 

などの言葉は、マックスの出す具体的な実例と組合せられると実に味わい深いものがあります。

 

 名作・大ベストセラーと言われるだけあっていい本でした。読んで良かったです。

 

古市 幸雄 (著) 「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55

Amazon.co.jp

 4

継続は力なり 

いい大学を出たとしても、大学までに学んだ資産は十年のうちに古い知識となり使いつぶしてしまう場合がほとんどです。十年後に伸びるためには、大学を出てからの勉強が差をつける要因になります。まさに「人生は長期戦」、とはよく言ったものです。

 

本書は大学を出て社会人になってからも勉強を続けて、人生を切り開いた著者が綴る勉強法です。

 

内容は心構えや精神論というよりも至って具体的な方法論です。いかに勉強時間を確保し、環境を整え、食事や生活習慣やコンディションを整えて効率的に成果を出すか、を解説しています。例えば、タイトルの30分は、継続は力なり、という通り、一年間続けると180時間以上。一時的に馬力を発して勉強するよりも、習慣化された勉強(=自己投資)の方が強いのです。

 

記憶に関する科学的な知見から、ライフハック的なコツも満載の良書だと思います。

 

森重湧太 (著)一生使える 見やすい資料のデザイン入門 

Amazon.co.jp

 4 

機械にはデータだけ食べさせておけばいいのですが、人間相手にはわかりやすく伝えることが大切です。資料が見やすくないと見てももらえませんし、わかりやすくないと伝わる内容も内容が伝わらず、通る話も通らなくなります。

 

本書には見やすくかつわかりやすい資料作成の方法がフルカラーで丁寧に解説されています。見開きページで左ページによくある「わかりずらい資料」を、右ページには「わかりやすく美しい資料」を掲載して、その効果を一目瞭然で示しながらそのエッセンスを解説していきます。

 

本書は修飾やマニアしか知らないような機能を多用するマニュアル本ではなく、あくまでも「見やすい・わかりやすい資料」の大原則を学ぶ本です。「一生使える」とのタイトルが付くのも納得の良書だと思います。

 

 岸 啓介 (著)一生使えるプレゼン上手の資料作成入門 

Amazon.co.jp

 4

見やすくわかりやすいパワーポイント資料作成

シリーズ作で、上記の「デザイン入門」からプレゼンテーションに多用されるパワーポイントのスライド作成に特化したのが本書です。

 

パワーポイントの資料作成術は非常に大切な「技術」であるのにも関わらず、ほとんどの人は「操作」は身についていても、デザインに関しては見様見真似です。

 

本書は一発でOKがもらえる、「通る資料」作成のコツを具体的な添削指導を通して学べる本です。全ページカラーでみやすくわかりやすくなっています。

 

パワーポイントは原則としてシンプルにスライド一つ一つに「意図」を込めてその意図を表現するように加工してやるのですが、その具体的な技術が本書には記されています。

 

伊藤博臣(著) エンジニアのための理論でわかるデザイン入門

 Amazon.co.jp

色相などの色の効果やフォントの歴史や効果、配置に関しては黄金比や3分の1など、WebサービスのUI/UXに活かせる美術やデザインの基本が、教科書的な基礎知識(=理論)から、実践的な応用例を見ながら総合的に学べる本です。

全ページフルカラーで具体的な写真や図を用いた解説が非常にわかりやすいです。

 

Kidle Unlimitedで読めます

以上、紹介した本は全てKindle Unlimited対象書籍なので、Unlimitedに登録すると無料で読むことができます。今なら30日間の無料体験実施中です。

 

 Kindleアンリミテッドだから!普段読まない本も色々と気軽に読みます✌