りんごの匍匐前進

便利情報と前進の記録をドイツと東京から発信

ドイツと青い目

 

国が変われば、というやつかは知らんが、ドイツの政治家のポスターはまるで俳優のポスターである。

 

きっと実物はピンク色の肌なのに、フォトショップで肌は精悍な浅黒い、日焼けした肌に仕上げ、真っ白な歯を出して微笑み、青色の目をエメラルドやサファイヤのように青々と強調する。

 

そして大概アップである。

 

あの、おじさん禿げてますよー、って人でも(ドイツ人男性にとってハゲは大した問題ではない)、ドヤ顔のキメ顔で俳優のように微笑む。

 

考えても見れば日本の政治家のポスターはなぜあんなにもダサいのであろうか。

 

政治家のポスターはダサくしましょう、という法律でもあるのかと思うほど皆ダサい。ダサさが真面目さと混同し、誠実な印象を与えようというものか。

 

必殺、猫だまし!

 

 

全員、ではないけれど、私の住んでいる地域のドイツ人は青い目率が高いように思う。

 

もうみんな青い目だから、何の希少価値も無いし、見慣れて、というか見飽きてしまった感があるくらい。

 

どこかの映画、確かフランス映画で、「私、青い目に弱いの」という台詞があったが、「ドイツこーい」と教えてあげたいくらい。

 

アメリカの映画、ハリウッドでも絶世の美女をブルーアイに設定することは(特に昔は)多いし、そもそもストーリー事態、青い目に秘められた不思議な神秘の力、というものがなんと多いことか。

 

SAYURIに留まらず、探せば、というか探さなくてもいっぱいあるよ。

 

妹氏が観たとかいう、ハリウッド制作のイエス・キリストの生涯を描いた映画では何故かイエスがブルーアイらしい。

 

え、イエスユダヤ人だから間違いなくブラウン・アイだろう。

 

ブルーアイの神秘はともかく、かたやアメリカ人のブラウン・アイ信仰も謎だった。

 

ブルーアイはバービー人形で、本当に恋人にしたいのはキュートで優しいブラウン・アイ(&ブロンド)だと。

 

黄金ルールで成功を掴んだブリトニーを見よ。

 

 

うちのシェフ(上司)は、お世辞にもハンサムとは言える造形をしていないが、彼お気に入りの写真が最初謎で仕方なかった。

 

もう少しよく撮れてる写真もあるだろうに、というわけである。最近わかったのは、あの写真は青い目がより青く見える(かそのように加工した)から好きなのだろう、と。

 

私の周りに多いドイツ人は、青い目に暗めのブロンドである。

 

プラチナもいるけど、ごく少数でたいていはブリーチと見た。

 

プラチナブロンドは大体まつげも眉毛もプラチナ。

 

ブロンドの国なので、アメピンは、日本は黒だけだけどこっちには金色バージョンもある!

 

確かにブロンドに黒ピンは目立つからね。

 

ロシア文学に出てくる美女は、銀髪とか、ブリュレットに黒々とした大きな眼、だった(昔は。今も?)。

 

日本人のイメージするロシア美女は大方プラチナブロンドに青い目だから。

 

「そこのブロンドさん」とパリで呼べばブリーチ加工のブロンドが一人振り向くだろうが、モスクワで呼べばゾロっと大勢振り向くものらしい。

 

青い目に飽きると黒い目が美人のスタンダードになるとか、ないものねだりか。

 

そういえばアンナ・カレーリーナは黒い瞳にブリュネット。

 

ドイツ住んで半年。

 

初対面の人が青い目で思うことは、「あ、またか。」終わり。