りんごの匍匐前進

便利情報と前進の記録をドイツと東京から発信

フィンガータイプのタンポンの使い方と生理快適術を写真付きで解説【ドイツではタンポンが主流】

 

ドイツでは生理用品の定番と言えば生理用ナプキンよりも圧倒的にタンポンです。

 

日本はタンポンには抵抗のある人も多いと思いますが、慣れると生理なのに生理を気にしなくて良く、とっても快適なのでご紹介します。

 

 

ちょっと書くのもためらった内容なんですけど、以前にドイツに来たばかりの麗しの大和撫子に恥ずかしそうに「生理用品ってどうしてますか?」と相談されたことがあり、なるほど困る淑女のお役に立てるならと思って書きます(o^―^o)ニコ。

 

※血などの写真はゼロですが、衛生用品が苦手な人はスルーしてください。

 

ドイツではナプキンよりも圧倒的にタンポン

 

ドイツの女子トイレの自販機にタンポンやコンドームは売っていても、ナプキンは売っているのを見たことがありません。

 

それくらいに圧倒的に生理用品=タンポン、という認識のようです。

 

 

日本の女子トイレでたまに交わされる会話の「ナプキンある?」がドイツでは「タンポンある?」になります。

 

またドイツでは生理用品は日本のドラッグストアのように目隠し袋にわざわざ包むこともありません。

 

この風習をすっかり忘れて日本でナプキンを買ったときは黒い袋で包まれてびっくりしました。

 

タンポンの外観

 

日本ではタンポンというと⇩こんな感じのアプリケータータイプが主流ですが、ドイツではフィンガータイプが主流です。

 

フィンガータイプのタンポンは、ドイツのスーパーやドラッグストアなど基本的に歯ブラシの売ってる店ならどこでも売っています。

 

お値段も3ユーロから5ユーロで50~60個入りとお得。

 

私が見たことがあるドイツのタンポンは全て紙箱入りです。

ドイツのタンポンの箱
ドイツのタンポンの箱の裏面

 

ナプキンと同様に、経血の量や個人差によって様々なタイプから選ぶことができます。

 

箱の中身はこんな感じに詰まってます。

タンポンの箱の中
タンポンの箱の中2
タンポン様々

 

綺麗に洗った清潔な手で箱からタンポンを取り出すと、一つ一つがビニール包装されていることがわかります。

 

箱にはわかりやすい図解の使用説明書が同封されています。

タンポン使用説明書ドイツ語

 

タンポンの正しい入れ方・使い方

 

タンポンを使用する前に手をよく洗います。

 

タンポンをビニール包装から取り出します

 

交互にひねるように表面を絞ると包装が破けるタイプ(⇩)のものや、昔のキャラメル箱のように細テープを剥くことで開封できるタイプのものなど様々にあります。

手に持ったタンポン
包装から取り出したタンポン
タンポンのひも
タンポンのひもを伸ばした

 

包装から取り出したタンポンは、紐を伸ばしてピンと引っ張り、吸収体とひもがしっかりとくっついていることを確認します

 

万が一紐と吸収体が使用中に外れると、産婦人科医に取り出してもらうことになりますので、確認をぬかりなく。

人差し指の先に固定したタンポン
タンポン挿入の図説

 

④紐を引っ張って握り、人差し指の先に吸収体をしっかりと固定し、経血の出てくる膣口から指の第二関節くらいの奥までしっかりと挿入します。

 

初めてタンポンを使う時は角度などがわからず戸惑うと思いますが、焦らずゆっくり角度を変えながら挿入すると良いでしょう。

 

慣れると3秒で挿入できます。

 

挿入の深さが不十分だと漏れや不快感、痛みの原因になりますので、違和感が無くなる深さまで差し込みます。

 

取り出し用のひもは手に握って膣の外に出しておくのをお忘れなく。

 

タンポンは「栓」のようで栓ではなく、吸収体が経血を吸いきると経血は当然外に漏れ出るので、経血量の多い日はナプキンを保険に敷いておくといいと思います

 

装用は慣れてもある程度は手が汚れるので石鹼で手を洗って装用は完了です。

 

慣れると袋から取り出し2秒、紐と吸収体との結合強度確認に3秒、挿入に2+3秒と10秒あれば装用できます。

 

装用中は、紐は水をはじく素材でできているのでトイレも運動も入浴(シャワー)もプールも普段と同じです。

 

3時間~6時間(就寝時)が経過したら、紐を引っ張ってタンポンを取り出します。

 

経血を吸った吸収体は装入時よりも膨らんでいますのでゆっくり行うといいでしょう。

 

長時間のタンポンの連続使用は、菌が膣内に混入していた場合などは繫殖し、最悪死に至ることもあるので*1、ちゃんと定期的に取り出すようにしましょう。

 

ドイツ人女性は連続でタンポンを使用しても全然平気とか言っていますけど。

 

軽めのタイプを頻繫に交換しているのか、詳細は不明です。

 

タンポンとナプキンの交互利用がいいんじゃないかな、と個人的には思います。装用時は手をしっかりと洗いましょうね!

 

タンポンはナプキンよりもコンパクトだし、ナプキンのように多い日の漏れを気にしなくていいので、タンポンはオススメです。

 

フィンガータイプはアプリケーターのようなプラスチックの異物感も無く、コンパクトで安価なのも魅力的。

 

日本でもフィンガータイプのタンポン、エルディが売り出されているみたいです。良きかな。

 

あくまでもタンポンの補助!ドイツのシンプルナプキン

 

ドイツにももちろんナプキンはありますが、あくまでも生理用品の主戦力はタンポンでナプキンは補助、という感じです。

 

ドイツ製のシンプルナプキン

 

ドイツのナプキンはとってもシンプルでその分安価です。

 

多くは羽無しタイプで、20枚入で1ユーロ未満で買えます(※ただしお値段相応のクオリティ)。

 

dmやROSSMANNといったドラッグストアや、Kauflandのような大型総合スーパーに行くと10セントくらい上乗せした値段で羽根つきタイプも買えます。

 

ドイツのナプキン
ドイツのナプキンdm

 

☝は左はスーパーのREWEで、右はdmのものです。タンポンと同様、歯ブラシの売ってる店ならどこでも売ってます。

ドイツのナプキンでちょっと驚いたのは、個別包装が無い超エコ仕様なところです。

 

☝こんな感じに袋にナプキンが直に入っています。持ち運びには非常に不便ですが、☝二枚目のような布地のケース(今治タオル製、頂き物)や、ハンカチなどに包んで持ち歩けば問題ありません。

 

で、見かけだけでなく機能性もとってもシンプルというか低機能です。

 

日本の高品質ナプキンに慣れ親しんだ大和撫子達にはタンポン抜きで生理を乗り越えるのはちょっと大変かと思いますので、短期滞在なら日本から必要量を持参するか、ドイツのタンポンに挑戦するのがいいと思います。

 

ただしタンポンの異物感が嫌いだったり(私は慣れるとそんなことは無いと思いますが)、経血量が減り生理が早く終わって不自然な感じがする、などどうしても慣れない人もいるのでそこは個人差かな、と思います。

 

アメリカ企業系の薄さが命!快適さ度外視ナプキン

 ドイツにも主にアメリカの外資系の高吸収ポリマーを用いたウ○スパーなどのナプキンも割高で売られています。

 

特徴は、デカくて薄い。

 

大きいのも薄いのも嬉しいんですけど、それだけが快適さの条件じゃないんだな、と思い知らされる感じです。

 

日本のナプキン最高!

日本の吸収力抜群で表面は逆流もなくサラッサラのふわふわナプキンを開発してくれている人達に感謝です。

 

生理を快適に過ごすコツ2つ

 

タンポンとは関係ないけど、女性に教えたい生理快適術を、紹介します。

 

秘伝の夜の伝い漏れ防止策!

特に経血量の多い人は夜、寝ている間の伝い漏れが心配ですよね。

 

タンポンを併用するというのが一番の解決策な気がしますが、ナプキン派の方には次の方法をオススメします。

 

それは、通常の夜用~量が多めのナプキンと組み合わせて、お尻の割れ目にトイレットペーパーまたはキッチンペーパーを適量挟んで寝る方法。

 

☝の製品の伝い漏れブロック、をナプキンに頼らずに自分で作ってしまえばいいんです。

 

生理の朝の「しまった!」は、生理用ナプキンの「外」に経血が漏れている場合がほとんどなので、「外」に漏れないように、伝い漏れの一番の経路である「お尻の割れ目」をティッシュペーパーなどでブロックすると、驚くほど「夜の失敗」が無くなります。

 

私は高校生の時にこの方法を編み出し、教えた人皆に「これはいい!」とお墨付きをいただいております。

 

注意点は、当たり前ですがキッチンペーパーやティッシュペーパーを使った場合は、水に溶けませんのでトイレットペーパーと間違えてトイレに流したりしないようにしましょう。

 

また経血量が多すぎるのが原因の場合は、すっぽりとカバーするタイプのものやタンポンとの併用もいいかもしれませんし、それでも漏れる場合は産婦人科医院で診察や低用量ピルの処方を受けるのもいいかもしれません。

 

綿製の腹巻は超オススメ!

amazon.co.jp

 生理に由来する腹痛の緩和には、何と言っても綿製の腹巻がオススメです。

 

腹巻はおばさんっぽい、と言わず、お試しあれ!

 

生理明けの絶好調期を除く期間は春夏秋冬を問わずにつけると本当に快適です。

 

綿製品をオススメするのは、①冬以外にも着用できるのと、ウールなどと違い②かさばらないので洋服のシルエットを邪魔をせず③頻繫に洗濯ができて衛生的だからです。

画像を見るとダサイけど。

 

体の不調が良くなるので、近所のしまむら辺りで安かったらお試しください。

 

*1:

トキシックショック症候群(TSS)は、黄色ブドウ球菌によって引き起こされる全身性の細菌中毒で、短時間で重篤な病態を引き起こします。

タンポンを取り扱う時は手を洗う、2個挿入など無理はせずに一定時間で必ず取り出す、などを心掛けましょう。