りんごの匍匐前進

便利情報と前進の記録をドイツと東京から発信

ドイツ・町の写真館で写真を撮ってもらった【Bewerbungsbild】

f:id:oishiiringo:20180903060943j:plain

 

 

 

電話予約

 

今日、町の写真屋さんでポートレートというか、Bewerbungsbild、応募写真を撮ってもらった。

 

ずっと6年前に日本で撮った、背景が青色グラデーションの証明写真を使っていたんだけど、やっぱりそれはよくないと思いまして。


友人の写真がよく撮れていたので、教えてもらい、今日空いているか電話をして尋ねたら、今日は予約も無く、6時までならいつでも来て、とのこと。

 

化粧・衣装・髪

 

ということで、普段は薄化粧なのを、今日は久々に念入りに化粧しました!


まぁ、普段ちゃんと化粧しない(こっちでは割に普通。女の人でノーメークとかは結構いる。)から下手なのか、下手だから毎日できないのか。

 

DHCの化粧下地を塗って肌の色むらを消して、完全に乾かし、

 

⇒資生堂かどこかのファンデーションを載せ、

 

⇒コーセーの眉プレート載せて眉毛を書いて、はみ出たところ切って、

 

⇒バカボンにならないようにチーク載せて、

 

⇒平たい顔族が少しでも立体感出るようにとハイライト入れて、


⇒主張しすぎない、ナチュラルなピンクのケートの口紅を塗り、ティッシュオフし、さらに紅筆で上唇のラインをしっかり取り、


⇒PN(古いけど、使い切れて無いし劣化してないし発色いいし、ってことでまだ使ってます)のアイシャドウを載せ、

 

⇒Max Factorのアイライナーでアイラインを入れ、

 

⇒温めたビューラーでまつ毛を持ち上げこれまたマックスファクターのマスカラを載せた!

 

髪の毛はワックス等を使っていつもより入念に仕上げた。

 

シャツにアイロンもかけた。

 

ここまでするのにゆうに2時間はかかった。

 

あの、東京に住んでる、特に丸の内OLとかは一体毎日どうやってるんだろう。

 

夜も、落とすの大変だろうし。

 

女の人は大変だ。

 

我ながら、久々にしっかり化粧したら、厚化粧になった!


けど、親族がアマチュアで映画を撮っていた関係で、写真とかカメラで化粧はほぼ飛ぶ、ということを私は知ってたので、あまり気にしない。

 

写真屋さんへ


写真屋に行くと、電話口の印象よりだいぶ若いお兄さんがいた。


さすが客商売、フレンドリーな口調で、手際よく料金説明をする。


コートをハンガーにかけ、ドレッサーで軽く髪を直し、椅子に座って写真を撮ってもらう。

 

はい、こっち見て、笑ってー

 

だけじゃないのね、指示が。

 

ものすごい具体的なの。

 

カメラのレンズを見て、

 

シャツを少し伸ばして、

 

首の角度をこっちにすこし曲げて、

 

体を少しこっちに向けて、

 

背筋伸ばして、

 

少し顎を引いて、

 

微笑んで、

 

しかし目は細め過ぎず、

 

光が瞳に残るように力を入れて開けて、

 

などなど。

 

古典的正面写真からモダンな感じまで、計4パターンとって、コンピューターで確認して気に入ったフォームを決めて、それをさらに8回くらいとって、気に入ったのをちゃちゃっとコンピューター修正(主に髪の毛の乱れ)してもらって、完成。

 

急いでもいないけど、30分くらいで済みました。


出来上がりは、上場。


デジタルデータのみで、紙媒体無で、30ユーロ。


満足!いい仕事した!


私その昔、日本で髪の毛ぼさぼさ、片目二重片目一重で前歯が微妙に出てる、誰にも見せることが無かった証明写真を、就職説明会に出張サービスのブースで学部時代に作ったことがありまして。


証明写真は、多少遠くても、時間とってスタジオで撮るに限ると学びました。

 

お化粧、厚化粧だと思ったのに写真ではまるで素顔のように見えます。


それに、やっぱり平たい。。。ドイツ人のに見慣れたからかもだけど、陰影が。。。


まぁ、それなりに賢そうに、可愛らしく撮ってもらえてよかった!

 

やっぱスタジオで撮る写真は違うわ。

 

中国人がね、フォトショップ使えばその辺の白い壁の前で撮っても同じだ!とか言うのを聞かないでドイツ人に従っといてよかった✌

 

餅は餅屋、郷に入っては郷に従え、だね。